学校健康教育職域

私たち学校健康教育職域は、県内の小学校、中学校、義務教育学校、特別支援学校、共同調理場、教育行政機関に所属する
栄養教諭・学校栄養職員、学校給食に携わる管理栄養士・栄養士等で構成されています。

◆お知らせ・報告・更新情報

学校給食について

学校給食は、栄養バランスのとれた食事を提供することにより、児童生徒が心身共にたくましく生きる力を育む上で重要な役割を担っています。さらに、学校給食を「生きた教材」として活用した食育の推進をとおして、食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身につけるとともに、生産者や食品に対する感謝の心を育むことにも大きな期待が寄せられています。

◆職務内容について

地場産物を活用した学校給食の運営と、食に関する指導を一体のものとして行うことにより、教育上の高い相乗効果がもたらされています。

●食に関する指導●

 ①食に関する指導の連携・調整

 ②児童生徒への教科・特別活動等における教育指導

 ③児童生徒への個別的な相談指導

●給食管理●

 ①給食基本計画への参画

 ②栄養管理

 ③衛生管理

◆レシピ集